白屋blog

シロの絵日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リペア


霊感工務店リペア(池田さとみ)
を買った。
主ちゃんかわゆいです。
(↑このシーンが気に入ってしまった)
スポンサーサイト
  1. 2008/09/28(日) 22:20:50|
  2. ほん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東盛玲と百鬼



新外科医東盛玲の所見4巻と
百鬼夜行抄16巻が発売になった!
ので買いました。

ソノラマがなくなるときいたときには
私の好きなアレとアレとアレとアレは!?
と愕然としましたが
無事でよかった。
  1. 2007/11/09(金) 23:51:54|
  2. ほん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

25巻



ようやく柳沢教授の25巻を買った!
  1. 2007/08/31(金) 16:38:44|
  2. ほん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おちょん



テレビでドラマを観ていたら
『おちょん雀』
というかわいいタイトルの本がでてまいりました。
(ドラマの内容は記憶にありません)

いわゆる『したきり雀』のことらしいのです。

『舌を(お)ちょん切る』から
『おちょん雀』かと思っていたのですが
雀の名前が『おちょん』なんですね。

かわいいな。
すごくかわいいな。

  1. 2006/11/25(土) 00:03:13|
  2. ほん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おかしな金曜日【2】



読みました。

前の日記
前の前の日記

前の前の日記に書いた
あらすじはどうやら別の本みたいですよ…。

ーーーーー

母の春子、洋一(小5)、健二(小1)は
かもめ団地10号館の4階に住んでいます。
(父は1年前に蒸発)

6月3日の金曜日。
母の春子も、突然、いなくなってしまいました。
(男と逃げた…)

洋一は、
母がいなくなったことを
周囲にはかくして暮らしていましたが、
母失踪後になかよくなった
優等生の山田、隣の席のみさ子だけには打ち明けます。

山田とみさ子の協力もあって、
なんとか兄弟2人の生活は続いていきました。

しかしとうとうお金が底をつきます。

洋一たちのようすに気付いた担任の吉田先生は
お母さんのことには触れずに
「ふたりとも先生の家にこないか」
とも言ってくれましたが……。

洋一は、山田に教えてもらった『児童相談所』
に行くことを決心するのでした。

ーーーーー

児童相談所に行く(団地や小学校にはもう戻らない)と
みさ子と山田に話した後のシーンが
じわっときました。

>だいぶたってから、山田が立ち上がってぽつんといった。
>「ぼくも、ほんとはきみに、ずっとここにいてもらいたいんだ。」
>山田は、さよならもいわないで玄関にいくと、くつをはいてそのままでていった。

山田は児童相談所のことを教えてくれただけでなく
自分で下見に行ったり
そのあとで洋一をつれていったりしているのです…。
山田はいいやつだ。

この後もずっとずっとなかよしでいてほしいな…!
それにつけても洋一は漢だな…!

大古尅己さんの挿絵はいいな。
いい絵だな。

*MEMO*

『おかしな金曜日』
さく 国松俊英
え 大古尅己
偕成社
1978年8月発行
  1. 2006/10/30(月) 20:01:27|
  2. ほん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。